windows10 creators update 後、EDGEブラウザーがおかしい・・・

windows10 creators update後、EDGEブラウザーがおかしい・・・

Microsoft EDGEを起動させると、画面は開くが真っ白。約10秒後強制終了する。エラーメッセージ等は何も表示されない。

Windows10 pro のデスクトップパソコン2台を使用している。

2017年7月31日、1台目のパソコンに「creators update」がかかり
「Windows10 バージョン:1703」となった。
その後、簡単に操作確認、特に問題なし。「Microsoft EDGE」も
問題なく稼動する。
 
 
2017年8月11日、1台目のパソコンから遅れること10日、2台目の
パソコンに「creators update」がかかった。その後操作確認。 
「Windows10 バージョン:1703」に変わっているが、
「Microsoft EDGE」がおかしい。
その他のブラウザー、及びアプリケーション等、特に問題なし。
 
 
Microsoft EDGEを起動させると、画面は開くが真っ白。約10秒後
強制終了する。エラーメッセージ等は何も表示されない。
 
windows10 creators updateの失敗か・・・

原因が分からない。ネットで調べたら結構みんな同じようなトラブルで
悩んでいるようだ。下記の対応策で修復した人がいるようだ。

1.パソコンの再起動する。

2.Windows Updateの未処理分を全て処理する。

3.別のユーザーアカウントを作り、EDGEを使用する。

4.C:\Users\???ユーザ名???\AppData\Local\Packages\
  Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbweの「書き込み」権限の
  再設定をしてみる。

5.Windows Creators Updateの前の状態に戻し、再度Windows
  Creators Updateを処理する。

6.EDGEブラウザーのキャッシュ、履歴のクリア。

7.Winndows トラブル修復ツール
 
しかし、私のパソコンではこれらの対応策は全て駄目でした。

私は通常 Mozilla FireFoxのブラウザーを使用しているので、特には困りません。
Microsoft EDGEはあきらめました。 スッキリしませんが・・・。
 
1台目のパソコンと2台目のパソコンの違いはセキュリティソフトに気がつきました。

   【1台目のパソコン】(OS)windows10 pro 32ビット 
         (セキュリティソフト)ノートンセキュリティ

   【2台目のパソコン】(OS)windows10 pro 64ビット 
         (セキュリティソフト)ノートンセキュリティ+TrusteerRapport
 
2台目のパソコンから(セキュリティソフト)TrusteerRapportをアンインストールしてみた。
 
Microsoft EDGEブラウザーが正常稼動! 大成功です。

その後、再度Trusteer Rapportをインストールしてみた。EDGE問題なし、Trusteer Rapportも問題なし。
 
参考:TrusteerRapportはMicrosoft Edge – EdgeHTML 12、13、14をサポートしているがWindows creators updateではMicrosoft Edge – EdgeHTML 15となる。
 
 
【まとめ】
Windows creators update後、Edgeを起動させると10秒くらいで強制終了する。IBM Security Trusteer Rapportをインストールしている場合、下記の手順で修復できます。

 

1.Trusteer Rapportを削除する。
  コントロールパネル=>プログラムと機能へアクセスする。
  『Trusteerエンドポイント保護』ソフトをアンインストールする。
2.パソコンを再起動する。
3.再度Trusteer Rapportをインストールする。
4.この状態でEdgeを起動し確認する。正常に動くと思います。

以上、私な場合の解決策です。

カテゴリー パソコン・プリンター小技

コメント

コメントを受け付けておりません。