HDD OEM パーティションが消せない

古いパソコンで使用していたHDDを、外付けHDDで使用するためにフォーマットして、全体容量を確認したら、少しサイズが小さくなっている。4~5GB、なんでだろー?、なんでだろー?、と、

「コントロールパネル」->「管理ツール」->「コンピュータの管理」->「ディスクの管理」でドライブの中をみた。

「OEMパーティション 4.7GB」というのがある。これは、パソコンのリカバリーとかに使用するエリアらしい。表面には表示されないメーカーの隠しエリアらしい。 もう使用しないので消したい。 

以下は「OEM パーティションの消去方法」である。

1)「スタート」->「アクセス」->「コマンドプロンプト」を開く。
 
2)「diskpart」と入力しenterする。
   別画面でDISKPARTのコマンド画面が開く。
 
3)「list disk」と入力しenterする。
   接続されているディスク一覧が表示される。
 
4)一覧のなかのOEMパーティションを含むディスクを選び
  「select disk 選んだディスクのナンバー」を入力しenterする。
 
5)次に、「list partition」と入力しenterする。
  選んだディスクのパーティション一覧が表示される。
 
6)一覧の中からOEMパーティションを選び
  「select partition 選んだパーティションのナンバー」を入力しenterする。
 
7)最後に選んだパーティションを削除する。
  「delete partition override」と入力しenterする。

以上で「OEM パーティションの消去」終了です。参考までに以下に、消去したときの操作画像を添付します。
やってみてください。自己責任でお願いします。
 
コマンドプロンプト画面で、deskpartを入力した後の、上記2)DISKPARTコマンド画面からです。

oem_partition

 

カテゴリー パソコン・プリンター小技

コメント

コメントを受け付けておりません。