【Win XP】パフォーマンス改善 初級1

OS: Windows XP SP3 パソコンで、たまにクリーンアップをしていることをメモする。そうしないと、かなり使い込んだ旧式パソコンだけに、すぐパフォーマンスが悪くなる。 パフォーマンス改善方法を 初級1としてメモする。

通常、気をつけていること。
 ・デスクトップ上にファイルを保存しない。
 ・不要なファイルは削除する。

1.HDDディスクのクリーンアップ
  マイコンピュータを開き、HDD Cドライブを右クリックし
  メニューからプロパティを開く。

  1-1 (全般 タグ)
  ディスクのクリーンアップ ボタンをクリック 全項目に
  チェックして【OK】ボタンをクリックする。

     (※)1-1でディスク クリーンアップ ボタンを
        押した後、(詳細オプション タグ)を開き、
        【システムの復元】項目のクリーンアップ 
        ボタンを押す。

  1-2 (ツール タグ)HDD ドライブを最適化する。
  (HDDの容量によってはかなり時間がかかる。1~2ヶ月に
  1度程度行う)

2.メール システムの最適化を実行する。
  不要メールなどを削除した後、メールソフトから消えるが
  実際のスペースは使用済みエリアとして残る。これらを
  開放する。(Mozilla Thunderbirdなど)

3.レジストリのクリーンアップ
  フリーソフト、『CCleaner』などを使ってレジストリの
  不要データを削除する。ソフトを読み込み、処理後削除されるが
  完全に削除されない。不要データ(ごみ)が残り蓄積される。
  これも、重くなる原因のひとつ。

4.スタートアップから、使用しないソフトを削除する。
  起動時に、使用しないソフトが立ち上がり常駐しパソコンが
  重くなる原因のひとつとなる。

5.不要なソフト、常駐ソフトを削除する。
  【スタート】から【コントロールパネル】を開き、
  【プログラムの追加と削除】から削除する。

これは、みんな知っていること。その他に、

・メモリーを増設する。
・仮想メモリーの設定を最適化する。

など、またパソコンのスペック、設定によりあると思うが、今日はここまで。また、思い出したら、メモする事とする。

私が忘れないためのメモ。

カテゴリー パソコン・プリンター小技

コメント

コメントを受け付けておりません。