【Win XP】 HDDが遅い、PIO病 かっ?!

先日、いつも使っているパソコンの1台が、異常に遅いと感じた。

パソコンOS: Windows XP SP3

インターネットで、いろいろ情報を探していたら、気になる情報発見。『 PIO病 』 ウゥ? なんだこれ…。 

この病気にかかると、HDD,DVDが異常に遅くなるらしい。このPIO病は、また一度かかると再起動しても直らないらしい。やっかいなことだな。しかし、暇だったから、調べてみた、そしたらなんと、PIO病にかかていた。その時の治療をメモした。

①【スタート】から【コントロールパネル】を開く。【システム】→【ハードウェア】→【デバイスマネージャ】→【IDE ATA/ATAPIコントローラ】の『プライマリIDEチャネル』又は 『セカンダリ IDEチャネル』の【詳細設定】を開く。

下の画像のようになっていたら、PIO病にかかている。





これは、PIO病にかかているところ。

下の画像は、正常な状態。



次に治療法は、

②【スタート】から【コントロールパネル】を開き、【システム】→【ハードウェア】→【デバイスマネージャ】→【IDE ATA/ATAPIコントローラ】を開く。
PIO病にかかっているIDEチャネルを右クリックして、削除する。

③削除後に、「再起動しますか?」ときたら、それに従い再起動を行する。 再起動したら、再び「再起動しますか?」とくるかも、きたら再起動を行う。
再起動したら、①の手順でPIO病が、治療できたか確認する。

以上が、治療記録です。他にも治療方法があるようですが、私の場合この方法で治療できた。簡単だった メモしとこ。

カテゴリー パソコン・プリンター小技

コメント

コメントを受け付けておりません。