【Win 8】Windows 8.1アップデート

知人が新しいDELL Vostro 2520を購入した。Windows 8.1がほしかったようだが、DELLではまだWindows8.1のプリインストールはないと言われ、仕方なくWindows8を購入し、8.1へアップデートすることにしたようだ。

その作業を私が行なうよう頼まれた。インターネットにいろいろと体験情報が記載されていて、「8時間かかった」「エラーが多発・・・」とか、大変な作業だったとあったが、いい機会なので、どんなに大変なのか、実体験することにした。

パソコン:DELL Vostro 2520

(メモリー)4GB, 
(CPU)Intel core-i5,
(HDD)320GB SATA HDD(5400回転),
モニター15.6インチ HD WLED 非光沢 (1366×768),
DVDスーパーマルチドライブ

先ず、DELL Vostro 2520 ノートパソコンのWindows8での通常立ち上げを行なう。最近のパソコンは、操作が非常に簡単だ。
LANに接続、電源ONで、殆ど自動で進んでいく、必要事項入力の画面が表示されたら、指示にしたがって進めて行く。約30分くらいで終了。

そうして、Windows8.1アップデートの作業を開始する。。

(1)先ず必ず、Windows8を最新の状態にする。「Windows
   UPDATE」を行なう。
 
   最新の状態で無かった場合、Windows8.1に
   アップデートするの表示が出ないらしい。
 
(2)再インストール用のディスクを作成する。
   「Backup」を行なう。DVDで3枚、約30分。
(3)スタート画面の「ストア」を開く。
(4)「Windows のアップデート」が大きく表示される。
    これを選択する。
(5)「Windows8.1 ダウンロード」画面が表示される。
(6)「ダウンロード」を選択すると、ダウンロードが始まり、
   インストールを開始する。 ファイルサイズ:3.62GB。
(7)約1時間くらいすると「PCの再起動が必要です」の
   メッセージが表示される。
(8)「今すぐ再起動」を選択し、先に進む。
(9)再起動すると引き続き各種設定確認・マイクロソフト
   アカウントの入力とかインストール処理が継続される。
(10)終了すると、新しいWindows スタート画面が表示
    される。ダウンロードを開始してから約2時間で終了。
(11)ここで、再度、再インストール用のディスクを作成する。
   「Backup」を行なう。
 
しかし、ここでエラーが発生、BackupプログラムがWindows 8.1に対応していないようだ。選択ボタン2つ、無視して実行するを選択すると、「再インストール用ディスク作成」のほかに「アップデート」のボタンがある。選択するとインターネットを使用して、プログラム更新を行なう。
 
その後、再度、backup処理を行なうとスムーズに処理が進む。DVDで3枚、約30分。

以上でWindows8.1アップデート終了。 予想外でスムーズに終了した。

パソコン、その他使用状況により異なると思うが、DELL Vostro 2520 購入後即、
アップデートの記録である。

カテゴリー パソコン・プリンター小技

コメント

コメントを受け付けておりません。