不動産プラグイン、なかなかの優れもの

WordPressで不動産サイトを作成した。今回初めて『不動産プラグイン』を
使用させてもらった。素晴らしい機能を備えているのでここで紹介します。

【主な機能】

1.物件の地図表示 :GoogoleMaps (APIキー必要)
2.物件問合せフォーム組込み
3.TOPページに新着物件、おすすめ物件などの表示
4.物件各種検索
5.賃貸物件、売買物件などの登録
6.画像登録
7.カテゴリー別物件一覧ページ
8.物件詳細ページ

不動産プラグイン(本体のみ)でここまでできる。
これだけあれば、不動産サイトで基本的に必要な情報・機能は網羅できる。
レスポンスも悪くない。その他に、会員アクセス管理(私は使用しなかった)も可能なようです。

【使用したソフト】

不動産サイト構築に必須、
・WordPress
・不動産プラグイン(本体のみ:無料)
・問合せフォームプラグイン:Contact form 7
・画像拡大表示プラグイン:WP jQuery Lightbox
・マルチバイト文字の不具合修正:WP Multibyte Patch

以下は必要に応じて・・・
・Akismet
・Count per Day
・All in One SEO Pack

【使用禁止のプラグイン】

・「WP Suer Cache」「W3 Total Cache」等のキャッシュ系プラグイン
・DB Cache Reloaded Fix データベースのクエリのキャッシュを生成する
・SiteGuard WP Plugin 不動産会員プラグインで会員がログインできなくなる
・HeadSpace2 SEO Plugin メディアアップロードができなくなる可能性がある

その他、あまり多くのプラグインを使用するとメモリ不足になる可能性があるようです。。

【注意する点】

(1)WordPressで不動産プラグインを使用するには『不動産プラグイン』対応のテーマを使用することが必須です。

現在、私が知っている限りでは下記のテーマが対応しているようです。
 
Twenty ten 、Twenty eleven,、Twenty twelve,、Twenty Thirteen、Twenty Fourteen 、TwentySixteen、 Twentyseventeen

その他に有料のテーマがいくつかあるようです。

私が使用したのは、TwentySixteenをカスタマイズして使用しました。

(2)WordPressのパーマリンク設定は「基本」か「数字ベース」を選択すること。
   (ダッシュボードー>設定ー>パーマリンク設定)

 
【不動産プラグインのインストール】

1.不動産プラグイン(本体)を 「nendeb Biz Market」サイトよりパソコンへダウンロードしておく。 http://www.nendeb-biz.jp/?p=72

fudousan1

2.WordPress管理画面を開き。【プラグイン】->【新規追加】をクリックする。
3.「プラグインを追加』画面の【プラグインのアップロード】をクリックする。
4.「ZIP 形式のプラグインをインストール」で 【参照】をクリックしパソコンにダウンロード したfudouXXX.zip(XXXはバージョンNo)を選択して「今すぐインストール」をクリックする。
5.インストールが終了したら「有効化」にする。


【不動産プラグインの設定・登録に関する手順】

 1.不動プラグインの設定  http://nendeb.jp/?p=9

  一つ面倒なことがあります。Google Mapsを使用するにはGoogle APIキーが必要になります。 取得方法はITSさんのサイト『簡単!5分で取得!Google Maps APIキー取得方法』を参照するといいでしょう。
  https://its-office.jp/blog/web/2016/12/18/google-map-api.html

 2.サイドバーやフッターへ ウィジェット(地域・路線カテゴリや条件検索等の部品)を登録 http://nendeb.jp/?p=11

 3.トップページにウィジェット(トップ物件表示等の部品)を登録します。
    http://nendeb.jp/?p=10

 
4.不動産物件の登録の仕方、 https://nendeb.jp/?p=434

その他、インストール・設定等は、『不動産プラグイン』サイトに詳しく紹介されています。そちらをご参照ください。(https://nendeb.jp/

『不動産プラグイン』本体のみデモ、なかなかの優れものでした。

カテゴリー WordPress 小技

コメント

コメントを受け付けておりません。