WP 予約システム プラグイン MTS SimpleBooking C

WordPressに予約システムを構築する場合のプラグイン、「MTS Simple Booking C」をインストールする機会があったので記録しておく。 このプラグインは国産のようだ。また、無料版とビジネス版(有料)があり、違いはビジネス版には、予約時の追加機能、ユーザー登録機能、問合せ機能などが可能となるようだ。ここでは、無料版について記録する。ちょと分かり辛い所がるので、注意すること。
 
【インストール手順】
1.以下のURLから「MTS Simple Booking C」をダウンロードする。

MTS Simple Booking Cのダウンロード

2.ダウンロード後、解凍する。
 
3.解凍したファイルをFTP等でアップロードする。

  アップロード先:wp-content\plugins\ ディレクロリィ

4.WordPressの管理画面へログインする。
 
5.管理画面ー>プラグインー>「MTS Simple Booking C」を有効化する

有効化すると、管理画面左のダッシュボードに「予約システム」と「予約品目」の2つが表示される。

予約システム

予約品目

6.次に設定について順に説明する。
(1)予約システムの全般パラメータ設定を行う
   【予約システム】->【各種設定】を開くと、上部にタブが表示される。

・予約パラメータの設定
    ここで重要なのは、「予約の受付」の項目にチェックする

各種設定 予約パラメータ

・施設情報
ここでは、予約する施設に対しメールを送信するメールアドレスを指定。また自動で送信するリプライメールに表示する、店舗名や住所など登録。

   施設情報

・予約メールの設定
予約フォームで入力する連絡先の項目設定、自動送信メールの設定、及びメールの内容を設定する。

   予約メール

(2)予約品目登録について

・新規予約品目の登録を行う。
 予約対象と予約の制限条件の設定を行なう
 【予約品目】->【新規予約品目】を開く。

   品目登録

・予約品目 (登録した予約品目の一覧)
【予約品目】->【予約品目】を開く。

品目一覧

(3)予約受付スケジュールの設定

予約を受け付けるカレンダーのスケジュール設定
【予約システム】->【スケジュール】を開く。
1.予約品目と年月を選択する。
2.カレンダーに予約受付有効のチェック設定を行なう。
  ・曜日のチェックはその月の全その曜日、受付有効・無効を設定
  ・個別のチェックは日付単位に受付有効・無効を設定
 
  各日付毎に、受付有効のチェック、「予約品目」で設定した予約可能人数、件数を変更できる。

予約受付

(4)フロントページへの表示方法

予約受付の準備
1.この予約システムは、予約フォームを表示・処理するための固定ページが必要。
固定ページのスラッグ名に「booking-form」と指定して登録する。
 
その固定ページにコンテンツを入力すると、予約フォームの上部に表示される。
予約フォームで必要となる説明、その内容を入力しておく。
 
2.もう1つ登録しておく、スラッグ名に「booking-thanks」と指定した固定ページ。このページは予約を実行した後のリダイレクトページとなる。
 
booking-formページと、「ありがとうございました」としたbooking-thanksページの固定ページ2ページを登録しておく。 そして公開保存し、非表示とする。(ページアクセスできないように、「メニュー設定」等で表示しないようにすること。) 

 

予約の導線となる予約カレンダーの表示
この例では「会議室予約」という固定ページを用意して、画像と予約カレンダーの記号の説明文を入力した後に、下記のショートコードを入力する。

[monthly_calendar id="xx"]

「xx」のIDを調べる方法は、「予約品目一覧」を表示し、目的の品目名にマウスを当てる。画面左下にURLが表示される。そのURLの中に「….?post=xxx&…」がある、「post=xxx」がIDである。

(予約ページを固定ページで入力した場合のサンプル)
会議室予約ページ
 (公開予約ページはこんな感じ)
 予約ページ
 
設定はここまで。この後は、作成・設定内容の確認。
 
 
(5)予約フォームの入力と確認
実際のフォーム入力する、予約実行とメールその他結果を確認する。
 
 
「MTS Simple Booking C」プラグインのインストールでは「MT Systems」さんを参考にしました。感謝いたします。 
 

カテゴリー WordPress 小技

コメント

コメントを受け付けておりません。